低コストアクティブ投信の「ひとくふう日本株式ファンド」がどうなっているのか見てみた

ひとくふう日本株式ファンドは、信託報酬が0.25%(税抜)とインデックスファンド並みに低く、大きなインパクト感を私に与えたアクティブファンドです。

2016年3月4日の設定から、もうすぐ2か月となるので、現在どうなっているのか見てみようと思い立ちました。

基本情報

信託期間:無期限

決算:3月3日

運用管理費用(信託報酬):税抜0.25%

購入時手数料:なし

信託財産留保額:なし

委託会社:大和住銀投信投資顧問

運用方針

ひとくふう日本株式ファンドは、参考指数であるJPX日経インデックス400の中から価格変動リスクの少ない銘柄を抽出して、より少ないリスクでより大きなリターンを狙っていく最少分散系の投信のようです。

将来の成績はJPX日経インデックス400やTOPIXに勝てるかどうか不明ですが、バックテストでは良好な結果が出ているようです。

信託報酬は0.25%(税抜)と低いですから、コスト要因によるインデックスファンドに対する劣後はないと考えられます。

アクティブファンドとしては収益力が低いであろうこのファンドを世に送り出した大和住銀投信投資顧問のチャレンジ精神をたたえるとともに、今後の運用成績にも期待していきたいところです。

運用成績

実際の運用成績をモーニングスターでTOPIX(配当込み)と比較してみました。

2016-04-23_09h51_35

価格変動リスクの少ない銘柄に投資するとしているだけあって、3月下旬から4月上旬ごろの下げ相場でのTOPIXに対する優位性は顕著に出ていると思います。

しかしながら、その後の上昇相場ではTOPIXに追い付かれてしまっているようです。

最少分散投資は下落相場に優位性があるのが特徴ですから、これもまた仕方ないのかもしれません。

今現在も、ひとくふうが若干のリードを保っていますが、今後どうなるかは相場動向によるとしかいえませんね。

JPX400とポートフォリオの比較

「<購入・換金手数料なし>ニッセイJPX日経400インデックスファンド」と「ひとくふう日本株式ファンド」の2016年3月末の月報をもとに、両者のポートフォリオを比較していきます。

業種別の組入比率

2016-04-23_10h01_20

2016-04-23_10h02_48

上がJPX400、下がひとくふうですが、業種別の組入比率の違いは明確に出ています。

ひとくふうは投資対象として、医薬品・小売業・食料品と生活必需品、ヘルスケアセクターを選好していることがわかります。

実際、業種別インデックスでの医薬品・小売業・食料品の過去のパフォーマンスは、TOPIXと比較して良好なものになっています。

過去の良好な成績が将来の好成績を導き出すわけではありませんが、ひとくふう日本株の「ひとくふう」はしっかりと付加価値を生み出すものになっていると思います。

組入上位銘柄

2016-04-23_10h12_01

2016-04-23_10h12_24

上のJPX400は時価総額上位のおなじみの銘柄という感じで新鮮味がありませんが、下のひとくふうは味の素、セコム、日本ハムとなかなか面白い銘柄が上位に来ているようです。

私には個別銘柄の選定眼はありませんが、どちらに投資するか問われたら銘柄選定にこだわりを感じる下のひとくふうを選ぶことでしょう。

更新情報はこちらから入手できます

こちらの記事もどうぞ