【民泊投資】家主に無断で賃貸物件を転貸するのはやめよう【Airbnb】

Photo credit: Effie.Y. via Visual hunt / CC BY-NC-ND

最近、Airbnbなどの仲介サービスを利用して、外国人観光客に宿泊サービスを提供する個人が増えているようです。

しかし、賃貸物件を大家や管理業者に無断で転貸する人や分譲マンションで管理組合の許可なく民泊事業に乗り出してしまう人がいるようで、社会問題となっています。

ネット上を軽く探しても、賃貸物件を家主に無断で貸し出してしまうケースは多いようなので、これはよろしくない状態ですね。

民泊の知名度が上がりつつある最近では、家主サイドによる民泊チェックが以前よりも厳しくなっていると思われます。

立地的に好物件だったため、かなりの日数が埋まっていて、月に15万以上の利益を出せそうなのですが、先日、管理会社にばれてしまいました。
定期的に民泊チェックをやっているそうです。
「友人を泊めるのはOK、でも不特定多数を泊めるのはNG」との通告が(T_T)

日経平均1,000円アップ☆ が、何の果実も得られず。。。 – SmileMoheji’s diary

上に、引用したブログの方はだましだまし民泊を継続していこうとしているようなので、そのうち賃貸借契約を貸主から解除されるかもしれませんね。

物件の価値が毀損されたり、周辺住民から苦情が出る恐れがある転貸を許可する人は普通はいませんから。

普通の分譲マンションの場合には、他の住民にとって騒音やごみといった不利益だけもたらして利益(要は金)を生み出さない民泊は、管理組合の規約で禁止されていくでしょう。

逆に、所有者自身が住んでいない投資目的のワンルームマンションの場合は、民泊用の物件が増えると見込まれているようです(東京新聞:分譲マンション住民 「民泊」お断り続々 大田区の認定条例あす施行:社会(TOKYO Web))。

民泊投資は為替相場に左右されそうで、なかなかリスキーな投資だと思います。

円高が進行したら、日本での滞在コストが今よりかさむため、外国人観光客の減少が予想されますからね。

民泊を反社会的勢力が悪用する恐れも

テロリストや詐欺組織の潜伏先、違法薬物の取引現場として民泊物件が悪用される可能性も指摘されているようです。

プロの犯罪者集団が金儲けに夢中な素人に対して身分を偽装するのは、造作もないことかもしれません。

上に引用したツイートのように、マナーの悪い利用客程度ならまだかわいいものです。

民泊に対する家主サイドの締め付けは、徐々に強くなっていっています。

管理体制が緩んでいる間隙を縫うようにして収益機会を狙っていくのが、民泊投資の基本戦略となっていくんでしょうね。

更新情報はこちらから入手できます

こちらの記事もどうぞ