新社会人に外貨預金をすすめるのはアウトだし、新社会人でなくても外貨預金はすべきでない

NIKKEI STYLEに、新社会人に外貨預金をすすめていると取れる記事があったので、注意喚起のために記事を書こうと思いました。

参考 新社会人の外貨運用 長期の視点でリスク考慮 |マネー研究所|NIKKEI STYLE

NIKKEI STYLEの記事内容

NIKKEI STYLEの記事内容を一部転載しながら、紹介していきます。

投資に回せるお金が少ない新社会人でも始めやすいのは積み立てによる外貨運用だ。例えば毎月1万円など無理のない金額を外貨で積み立てる。投資時期を分散できるため、1度に大金を投じるよりもリスクを少なくできる。

外貨預金の為替スプレッド(買いと売りの為替レートの差)は、FXと比較してかなり大きなものですから、外貨が日本円に対して上昇するという相場観を持っている人はFX取引をやった方が低コストでマシと考えられます。

外貨資産で運用する金融商品はさまざまだが、最も初心者向きなのは外貨預金だろう。日銀のマイナス金利政策が導入されてから、外貨預金の金利引き上げなどのキャンペーンに力を入れる銀行が増えている。米ドルだけでなく、豪ドルや南アフリカランドといった新興国通貨では円預金の金利を大幅に上回る

豪ドルや南アランドなどの外貨預金は日本円よりも高金利ですが、インフレ率も高いため日本円に対して趨勢的に減価していきます。

そのため、金利が日本円より高いとしても、理論上の期待リターンは日本円も外貨も変わらないため、外貨預金に投資妙味は感じられません。

ただ「見た目の高金利には注意が必要だ」とFPの深野康彦氏は注意を促す。図Bの例にある通り、外貨預金の金利は確かに魅力だが、為替相場の変動が大きいと、利息が吹き飛びかねない。特に高金利の新興国通貨は為替変動が激しいため、損失が膨らむ恐れがある長期で保有するなら、金利水準で劣っていても値動きが比較的安定している米ドルやユーロなど主要通貨が基本になるだろう

長期の保有なら、ボラティリティの高い新興国通貨ではなく「値動きが比較的安定している米ドルやユーロなど主要通貨」を基本にするべきだそうです。

先進国通貨への長期投資だろうと、理論上の期待リターンは日本円と変わりませんし、FXと比較した場合の為替手数料の高さも変わりません

先進国通貨だろうと高金利通貨だろうと、外貨預金はすべきではありません。

外貨預金はすべきでないのなら、どうすべきなのか

日本円のハイパーインフレリスク(最近はあまり聞かなくなりましたが)をヘッジするために、為替リスクを取りつつ、比較的低リスクな長期投資を考えているのなら、「たわらノーロード 先進国債券」のような外国債券インデックスファンドへ投資すればよいでしょう。

外国債と日本債の理論上の期待リターンは同じですが、債券は突発的にデフォルトして価値がゼロになってしまう可能性があることを考えると、外国債に投資する意義は十分にあると考えられます。

日本の債務はエンドレスに増え続けていますから、今は問題ないとしても10年20年後には進退窮まる状態に追い込まれているかもしれません。

日本特有のカントリーリスクを軽減するためにも、債券の国際分散投資を進めていく価値はあると思います。

更新情報はこちらから入手できます

こちらの記事もどうぞ