【アート投資】「近代美術オークションインデックス」の下落度合いがひどい

日本経済新聞によると、国内で開催される美術品オークションの落札価格を基に算出した指数が2015年の直近ピークに比べ、4割ほど低下しているようです。

美術品競売で国内最大のシンワアートオークションが算出する価格指数「近代美術オークションインデックス」(1990年9月=1万)は、16年11月時点で343。15年7月に直近高値の574をつけて以来下落傾向が続く。

指数はシンワアートが直近3回のオークションの平均単価を基に算出。対象となる美術品は日本人画家が描いた日本画や西洋画が中心だ。過去最高値はバブル期の90年9月の1万、最低値は12年2月の318だった。

出典美術品 株高でも安く 相続で出品増、富裕層の需要減  :日本経済新聞

1990年9月の1万を基準として算出される「近代美術オークションインデックス」が現在、300から400程度しかないということは、バブル期に投資目的でアートを購入した人は、今でも大きな損失を抱えていることになります。

株式や債券への投資と違って、アート投資の場合には全く配当・利子も生み出されませんから、完全な凍死状態と言わざるを得ません。

内藤忍氏が利回り1000%とアート投資を推奨

内藤忍氏といえば、仲介手数料を多く取れる海外不動産や実物ワインへの投資を推奨していた人物です。

ワインファンドのヴァンネットがポンジ・スキームによる詐欺の発覚によって、破綻したため、ワイン投資からアート投資へ推奨する投資法を乗り換えたようです。

0が1桁、多く付いたりするのが現代アート投資のすごいところ。利回りで言うと1000%。

出典現代アート投資・・・隠れたメリットと大きなデメリット|ETFの森

将来世界に羽ばたくであろうと思われる作家の作品を、無名の段階で購入するというのが、内藤氏が紹介している手法です。

目論見通り、購入したアートが値上がりすれば、それでいいでしょうが、アートという贅沢品の価格形成には、その時々の経済環境が大きく影響します。

「不況のときにアートを買って、好況のときにアートを売ればいい」という反論が出てくるかもしれませんが、不況と好況がはっきり判別できる能力があるならインデックス連動の投資信託やETFを使って、株式市場に投資したほうがよっぽど安定したリターンを得ることができるでしょう。

「含み損のときにワインを売らずに飲む」のと同じで、損失が出ているのなら、鑑賞して愉しむことができる器量の大きさを持った人だけがアート投資の世界へ足を踏み入れるべきでしょう。

更新情報はこちらから入手できます

こちらの記事もどうぞ

コメント

  1. mushoku2006 より:

    へえええ・・・・・・。
    そんな指数があったんですね。
    知らなかったです。

    • わかま屋 より:

      mushoku2006さん、コメントありがとうございます。
      私も今回初めて、近代美術オークションインデックスなるものがあることを知りました。
      知れば知るほど、インデックスの世界は奥深いですね。

  2. ならしか より:

    10000が343とはおかしな指数ですね
    日本画などの絵画の価格は30分の1にはなってませんから。
    もうすこし正確な指数を出して欲しいです