この程度の下げで動揺するなら、インデックス投資なんか、おやめなさい

昨今の相場の不調により、以前より口数が少なくなっているTwitterアカウント、更新ペースが明らかに落ちている投資ブログが散見されます。私は、投資に対する無関心化が進行しているので、この現象に対しては「あ、そう」ぐらいにしか思っていませんでしたが、年末のこの機会に状況を整理してみるのも一興だと思ったので記事にすることにしました。

三種の神器の下落率を確認する

インデックス投資家にとって、先進国株インデックスファンド、日本株インデックスファンド、新興国株インデックスファンドは、ポートフォリオの中核を担う三種の神器といえる存在です。まずは、それぞれの基準価額の下落率を確認するところから始めたいと思います。

先進国株(eMAXIS 先進国株式インデックス)

高値:28312(2018/10/4)

現在:23598(2018/12/21)

高値からの下落率は-16.7%です。

日本株(eMAXIS TOPIXインデックス)

高値:24453(2018/1/23)

現在:19360(2018/12/21)

高値からの下落率は-20.9%です。

新興国株(eMAXIS 新興国株式インデックス)

高値:17935(2018/1/29)

現在:14055(2018/12/21)

高値からの下落率は-21.6%です。

高値からの下落率は意外とあった

私はアンテナを張っていなかったため、ここまで下落している実感はありませんでした。しかし、先進国株から新興国株に至るまで、-15%を超える下落を見せています。

人は含み損が発生したときだけでなく、含み益を失ったときにも痛みを感じます。経験の浅い投資家を中心に「状態異常:沈黙」に陥ってしまう人が出ているのも納得できるというものです。

暴落の惨禍は誰にでも降りかかる

この程度の下げで動揺するなら、インデックス投資なんか、おやめなさい」相場の不調を受けて、投資を継続するべきか否か、他人に相談したくなったような人には、厳しいことを言うようですが、この言葉を贈りたいと思っています。

動揺の原因は単なる知識(信仰心)不足や過剰なリスクテイクでしょう。昨今の下落で不安感に支配されてしまった人は、インデックス投資を一度やめて、「自分に投資が必要か」、「必要だとすればどこまでのリスクを背負いこめるか」を冷静に考えるべきではないでしょうか。

仮にあなたが市場から撤退した場合、「暴落相場で豹変した」などと背に石を投げてくる原理主義派の勢力がいるかもしれません。しかし、私はそうは思いません。論語には「過ちて改めざる是を過ちという」という箴言があります。自らの誤りを認め、退却するだけの器量を持った人に対して、引く弓を私は持ち合わせていないのです

暴落は平等である

相場の世界では、年齢や性別、社会的地位にかかわりなく、誰もが暴落という惨禍に見舞われます。戦争であれば、社会的地位を利用して惨禍から逃れることができるかもしれませんが、暴落は投資家全員の上に平等に降りかかってきます。

暴落で自らが受けるダメージを最小化するには、数々の暴落相場を生き抜いてきた長老派の投資家の声に耳を傾ける必要があります。「投資先は株だけでいい」と主張する投資家やレバレッジ派の投資家が増えていることに対する危惧や、ハイテク銘柄のテーマ投信の乱立に対する懸念の声は幾度となく聞かれました。

我々は、戦争体験の語り部たちに対して敬意を払うのと同様、暴落相場の語り部たちにも敬意を払うべきです。全く同じパターンの戦争はこれまでにありませんし、全く同じパターンの暴落というのも起こりえません。しかし、過去の出来事からエッセンスを学び取ることほど、危機における生存確率を高めるために有用な手段はありません

上昇相場では、イキのいい銘柄に集中投資する「無知は力なり」作戦が大当たりするかもしれませんが、下落相場ではそうもいきません。インデックス投資の王道である長期の買い持ち戦略を完遂するには、知識を身につけ、自分自身の中に強固な中心軸を構築しなければならないのです

4 COMMENTS

くまさん

インデックスはパッシブ運用なので相場が下がれば指数も下がるのは当然ですね。暴落の結果は保有してれば皆平等、これにつきます。

 運用期間は生きてる限り続くのでこういう上下の波は何回も来ます。波に逆らって泳いでも流されて溺れたりするんで、うまく流れに任せて乗り切りたいものです。

わかま屋

コメントありがとうございます。
長期投資で利益を出すには、市場というリングの上に立ち続ける必要がありますので、生存率の向上に全力を注ぎたいところですね。

A_鈴木

わかま屋さま

初めてコメントさせていただきます
私もインデックス教の信徒です。此度の出来事は、ネ申への信仰心を試されているのだと思います。与えられた試練を乗り越え、より強い信仰心を手に入れたい所存であります。

※配当目的でJA出資金やJT/電力株を少量保有し、かつ火遊びでVIX指数に手出ししている私は異端審問にかけられるのでしょうか?毎晩震えながら眠っております。

わかま屋

A_鈴木さん、コメントありがとうございます。
インデックス教の神への信仰を常に忘れない貴公であれば、必ずやこの試練を乗り越えることができるでしょう。

※細々と火遊びをする分には構わないでしょうが、ブログやSNSで発する声が大きすぎると異端審問官による斬り込みにあうかもしれません。

現在コメントは受け付けておりません。