ETF、REIT、国債の買い入れやマイナス金利よりヘリコプターマネーの方がマシ

現状の緩和は市場のゆがみを広げる一方で、有効需要の創出には至らず

デフレから脱却し、インフレ経済を実現すれば経済の好循環が生まれるという発想のもと、2013年4月から異次元緩和が開始されました。
アベノミクス初期は円安・株高が進んで、久しぶりに日本経済に明るい兆しが見えてきたような思いだった方は、多いと思います(私を含む)。
実体経済を成長させるような政策は不十分なままに、アベノミクス景気は日本経済の成長期待が先行するような形で進んできました
実体経済ではなく成長期待に支えられた株高は、砂上の楼閣のような存在です。
現在、外国発の原油安、株安に振り回されている日本市場がその傍証となりましょう。
結局、金融政策主導のアベノミクスでは、日本国内の冷え込んだ消費であったり賃金を回復することはできませんでした。
国民の購買力が高まらないと有効需要が創出されず、デフレの足音が近づいてきます。
これまで日銀が行ってきた国債の買い入れは日銀の当座預金残高を膨れ上がらせる結果になりました。
対策として打ち出されたマイナス金利も、銀行から民間への貸し出しを促進する効果は限定的とみられています。
ETF、REITの買い入れは、市場のゆがみをもたらすので、短期投資家にとっては収益機会の拡大となります。
一方で、市場の効率性は阻害されてしまうので、積立系の手法をとる長期投資家は高値掴みしてしまうことになります。
日本株にせよREITにせよ、実態以上の価格で購入してしまっては、長期的なリターンは圧縮されてしまいます。
長期投資家にとっては、日銀のETF、REITの買い入れは迷惑千万な行為だといえます。

ヘリコプターマネーをやろう

完全に素人目線からの意見ですが、金融政策から財政政策を打ち出すことのできるヘリコプターマネーはインフレを促進する手法として非常に有効だと思います。


ヘリコプターマネーの想定される手法は、国民に直接、日銀当座預金を割り当てて一定額を振り込むというもののようです。
これなら、国民の購買力を向上させて、民間消費が活性化する効果と市場に流通する通貨が増えてインフレが進む効果の両方を同時に狙っていけます
ヘリコプターマネーの特徴は、国の財政負担がないことです。
たとえば、国債を財源とする低所得高齢者への3万円給付は、将来の需要の先食いでしかありません。
国債は将来世代が償還する負担を負うわけですから、需要の先食いのリバウンド的なダメージは結局食らうことになります。
ヘリコプターマネーでは、新規に創造されるマネーが日銀から各個人に与えられるわけですから、国の債務が増える心配はありません
インフレがどれだけ進むのかは、先例がないのでよくわかりませんが…

更新情報はこちらから入手できます

こちらの記事もどうぞ