海外ETFの「自動積立サービス」に興味のある人は参加しよう SBI証券が「夜勝つ!キャンペーン」のアンケートを実施中

SBI証券が「夜勝つ!キャンペーン」と称して、夜間取引に関する質問に答えると総額100万円の豪華?商品が当たるアンケートを実施中のようです。

2016-05-02_10h16_05

出典 SBI証券なら夜間の取引も充実!夜活で夜勝つ!キャンペーン

SBI証券に口座を保有していない人でも参加でき、キャンペーン応募期間は5月31日(火)18:00までです。

海外ETFの「自動積立サービス」に関連する質問あり

計9組しか商品がないので、当たる気はしませんが、海外ETFの「自動積立サービス」に興味のある人は参加するべきかもしれません。

なぜなら、海外ETFを定期的に購入可能な「自動積立サービス」に興味があるかどうか尋ねる設問があるからです。

「自動積立サービス」に興味があると答えると、さらに「金額積立」と「株数積立」のどちらに興味があるか尋ねられます。

2016-05-02_10h01_18

SBI証券では、海外ETFはいちいち手作業で指値を入れなければ、買付できませんでしたから、「自動積立サービス」が開始されるとうれしい人も多いと思います。

利用するかは手数料水準にもよりますが、私も興味があります。

このアンケートで自動積立に潜在的な需要があるとSBI証券が判断すれば、サービスの開始に動き出すかもしれません。

アンケートの回答にはそれほど時間がかかりませんので、海外ETFの「金額積立」なり「株数積立」なりに少しでも興味のある方は参加してみましょう。

追記

垂水ケイさんの記事を読んで気づきましたが、このアンケートにはSBI証券や各商品の取引に関して意見や要望を記入する欄があります。

記事のタイトルにもありますが、垂水ケイさんは定率解約サービスの導入を要望されたようです。

参考 SBI証券のアンケートで定率解約サービスの要望をだしてみた | 子供ができた時に始める積立投資

投資信託やETFの定率解約サービスは、資産の取り崩し期に入った人にとっては重宝するものですから、お時間のある方はついでに要望してみるのも悪くないでしょう。

ちなみに、私はこの欄でSPDR MSCI Australia Quality Mix ETF(ティッカー:QAUS)とiシェアーズのファクターセレクトシリーズの取り扱い開始を要望しておきました。

運用会社の側から金融庁に届け出がなされないと海外ETFの取り扱いの開始はできないので、お門違いの要望ではありますが、証券会社の側から運用会社に働きかけを行う場合もあるようなので意見を提出してみました。

そのほかにも何かSBIに言いたいことがある人は、この機会を逃さずに要望を出しておきましょう。

更新情報はこちらから入手できます

こちらの記事もどうぞ