コインチェック(Coincheck)利用者よ、安らかにNEMれ

仮想通貨取引所のコインチェック(Coincheck)が不正アクセスの標的となり、時価580億円相当の5億2300万XEMが流出しました。このハッキングにより、コインチェックが保有するNEM(ネム)のほぼすべてが消失したようです。

参考コインチェック、580億円分のネムが不正流出–取引再開や補償は未定 – CNET Japan

被害が明らかになったのち、コインチェックは、NEMの取引を停止しただけでなく、ビットコイン以外のすべての通貨の取引を停止し、日本円含むすべての通貨を出金不能にしました。

 

和田晃一良社長と大塚雄介取締役は、1月26日の記者会見で今後の対応は株主と協議して決めるという趣旨の言葉を繰り返しました。今後の対応は株主と協議するといっても、コインチェック株式会社の株式の過半数は和田社長と大塚取締役で握られているため、物笑いの種にしかなりません。

コインチェックの利用者は「遠い目」状態

コインチェックの資本金は9200万円と少なく、会見場での和田社長の言動や表情を見る限り、コインチェック利用者の未来には暗い影が投げかけられていることは明らかです。

時流に乗り、テレビCMを流すまでに至ったコインチェックでしたが、城の防備をおろそかにしたために、野盗の略奪にさらされ、「国破れて山河在り」状態になってしまいました。

 

今回の騒動で仮想通貨投資家たちは、巨大な堀に囲まれたワイドモート取引所で仮想通貨の取引を行わなければならないという教訓を得たと思います。また、日本国政府により、今後、投資家の資産保全に対する意識が薄い仮想通貨取引業者に対する規制は強められていくことでしょう。

 

すべてのことに意味があります。コインチェック城の攻防で落命した投資家たちは、よりよい仮想通貨取引環境を構築するための礎になるのです。英雄たちよ、安らかにNEMらんことを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。